腰痛

img_20170406-173008.jpg

当院では私自身の経験から

慢性腰痛に対する
専門的な施術をおこなっております。

あなたは今まで
腰痛治療を受けてきました?

それとも

ほったらかしにしていましたか?

どちらにしても
慢性腰痛のあなたに
知っておいてほしいことがあります。

こんなあなたは、読み進めてください。

・いつ腰に激痛が走るかわからないから不安

・出かける時に腰痛のことを考えると行動が億劫になる

・朝起きる時に腰が痛い

・日中、ずっと腰に重い感じがある

・腰が抜けそうな感覚がある

・腰やお尻らへんが不安定な感じ

・太ももや下腿にかけて、痛みやだるさ、しびれがある

私も小学生の頃から
腰痛に悩まされていました。

授業中にイスに座っているのがしんどく
全然集中できない。

中腰になると
いつピキッとなるか
不安な日々を送っていました。

一時は
何をしていても
常に腰に鉛をのせているような感覚で
何をするのも億劫でした。


そのような経験をしているあなたや
私よりひどい症状のあなたは
本当に大変だと思います。

でも、大丈夫です。

私も
腰痛のあった20代中頃までは

「小学生時代にサッカーで
ゴールキーパーをしていて
低い姿勢でのハードな練習が
多かったからなってしまったんだ」と

ずっと思っていました。

確かにきっかけは
そうだったのかもしれません。

当時から整骨院に通っていましたし
治療家としても
さまざまな施術を受けてきました。

施術をしていただくと
その時は、良くはなりました。

頑張って、腰を治そうとしていました。

ちなみに私は
何度かレントゲンとMRIを
撮影しましたが異常はありませんでした。

原因不明の腰痛です。

良くなるまでは
15年以上かかっています。

でも
ありがたいことに良くなりました。

なぜ痛みがほとんど出なくなったのか?

その腰痛の根本原因をお伝えします。

 

img_20170406-175310.jpg

NHKのクローズアップ現代で
取り上げて放送されていたみたいですが

平成16年の厚生労働省の調べでは

推定2800万人の方が
腰痛で悩んでいるとのデータがあります。

そのうち
約8割が原因不明であるということでした。

これだけ医学が発展しているにもかかわらず
なぜ腰痛の方が増えているのでしょうか?

どんどん減っていっても
おかしくありませんよね?

img_20170406-173114.jpg

それはシンプルに

慢性腰痛は
『腰に原因がない』

からなんです。

実はほとんどの
椎間板ヘルニアも
腰痛とは関係がありません…。

腰に原因がないのに

『腰を良くしようとする』

から、中々改善がみられません。

そう。

昔の私と同じです。

整形外科での

・電気治療

・湿布や痛み止めの服用

・コルセット

ペインクリニックでの

・ブロック注射

整骨院や整体院での

・もみほぐし

・骨盤矯正

・最新ハイテク機器での治療

など

あなたもさまざまな治療や施術を
試してきたかもしれません。

これらの治療や施術は
一時的に症状を緩和・取り除くには
良い方法かもしれません。

しかし

本質的に
改善を望まれているのでしたら

腰だけに注目するのではなく

腰以外へのアプローチをしていく
取り入れていく必要があります。

これから慢性腰痛改善のために
大切な2つのポイントをお伝えします。

img_20170406-173237.jpg

慢性腰痛において
大切な1つ目のポイントは

『脳と感情』に対する施術です。

なぜ、腰痛で脳や感情のセラピーが必要なのか?

それは

『脳が痛みをコントロールしている』

からです。

最新の研究では

脳の中のDLPFCという部分の
活動が低下しているために

慢性腰痛が
起きていることがわかっています。

そのDLPFCは

「痛みの回路を鎮める指令」

を出している部分です。

さらに

「恐怖や不安・悲しみ」

などの感情を感じる場所の抑制もしています。

『また、激痛に襲われたら…』

という恐怖心や

『出かけた先で痛くなるのでは…』

という不安が積み重なると

DLPFCは

活動を強めストレスがかかり
次第に活動が低下します。

そして

「痛みの回路を鎮める」

作用が衰えてしまいます。

腰痛を感じる
強い恐怖感や不安を感じる
⇒DLPFCが感情を抑制
⇒DLPFCの活動低下
⇒痛みの回路を鎮められなくなる
⇒腰痛が出る
強い恐怖感や不安を感じる

というような
負のサイクルに陥ります。

簡単にいうと
このサイクルで起きている腰痛は

『幻の痛み』

ということになります。

だから
腰をどれだけ治療しても
あまり効果的ではなかったということです。

慢性腰痛を改善していくためには

脳の疲労回復や
恐怖感などの感情の解放をおこなう
セラピーが必須になります。

img_20170406-173312.jpg

慢性腰痛において
大切な2つ目のポイントは

『体のリラックス+快の動作』

のための施術です。

東洋では

「心身一如」

という言葉があるように

心と体は一体です。

恐怖や不安などの感情により
ストレスを受けた心(脳)の状態は

体にまで影響します。

すると

自律神経の乱れが起こり
筋肉の緊張が生まれます。

この状態が続けば続くほど

体の筋肉は緊張してしまい
硬くなってしまいます。

マッサージや
腰を温めたりすると

一時的に腰痛が
楽になるのはこのためです。

そのような場合は
筋肉の緊張もゆるめてあげる
必要があります。

ただ、腰だけをゆるめるのではなく

伸びをした時のような
快の感覚を感じながら

動作をとっていただき
全身をゆるめていきます。

img_20170406-173352.jpg

当院の
腰痛に対する施術は基本的に
整体による施術がメインです。

心地よくゆっくたりとした
施術が中心になります。
イメージセラピーやエネルギー療法により
・脳の調整
・恐怖感や不安の感情解放
をおこなっていき
快感覚を味わいながら
動いていただく
KDセラピーにより

・自律神経の調整
・体のリラックス

をおこなっていきます。

よろこびの声

img_20170413-105920.jpg
産後
これまでなかった腰痛が出たのですが
乳児がいるので
なかなか外出することが難しく
ズルズルと放置していました。

いよいよ困り果てたところ
出張していただけるとのことでお願いしました。

当日は穏やかな先生と
かわいらしい奥様にきていただいて
とても安心して治療を受けることができました。

治療は痛い治療はなく効果抜群。

治療以外にも
いろいろアドバイスしていただき
参考になりました。

奥様の託児も慣れていらっしゃって
子どもが泣いていても安心でした。

次の子ができたときは
またお願いしたいなと思っています。

(西宮市 30代 主婦)

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

img_20170413-105754.jpg

はじめての治療をしてもらいました。

腰痛の痛みに悩んでいたのですが
的確な治療とアドバイスをもらって
ゆがんでた身体のバランスがとれました。

(尼崎市 20代 会社員)

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

img_20170413-110003.jpg

個室で、とてもアットホームな感じで
先生はすごく笑顔でリラックス出来ました。

現在、妊娠中で腰が痛くても整体に行きたくても
どの整体に行けばいいのかわかりませんでしたが
検索してみて口コミナンバーワンと記載させていたので
行ってみると、妊婦にも適しているので安心して
施術を受けることが出来ました。

施術に関しても、丁寧で身体の変化がすごく分かりました。

(西宮市 20代 会社員)

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

img_20170406-174345.jpg

あなたが
本当の原因を知り
行動していくことで
改善への道は開かれます。

今までは
腰だけを頑張って治してきたかもしれません。

それは
真実を知らなかったからだと思います。

腰のことを考えれば考えるほど
その部分に意識や注意が向くため
余計に痛みや症状を察知する。

このような悪循環が
生まれていることにも気づかずに…。

でもこれからは
私が慢性腰痛を改善したように

もう少し視野を広げて

心と体のケアを同時に受けてみませんか?