胃腸障害・胃痛・胃もたれ

img_20170428-232522.jpg

当院では

胃痛や胃もたれなど
機能性胃腸障害に対する
施術をおこなっております。

胃腸の不調がある方はご相談ください。

こんなあなたは、読み続けてください

・胃もたれが続く

・胸やけがある

・胃痛が続く

・吐き気や腹痛がある

・便秘または下痢を頻繁に起こす

・お腹が張ったような感じがする

特別食べ過ぎたわけではないのに

胃もたれや胃痛・胸やけが続いたりすると
なんだだかスッキリしなくて嫌ですよね。

痛み止めと並んで
常用されている方の多い胃薬。

しかし
胃薬もお薬なので副作用があります。

できれば
飲まなくてもいいようになりたくありませんか?

当院では
そのような方に対して
根本的に改善していくお手伝いをしております。

img_20170428-232928.jpg

病院に行って
機能性胃腸障害と診断されると

その症状によってお薬が処方されます。

しかし
ここで問題のは
そのお薬が症状に対するもので
根本解決にはならないということです。

例えば

食欲不振などが強い方には
胃腸粘膜を保護するようなお薬が出されます。

胃もたれや膨満感なら
消化管運動機能改善のためのお薬です。

胃痛なら
酸分泌抑制のためのお薬です。

このように多くの場合が
症状に対しての対応になります。

確かに
お薬が効いている場合は
症状が緩和するので
うまく活用するのはいいでしょう。

ただ、ここで知ってほしいのは
機能性胃腸障害の原因は

ストレスによる
『自律神経の乱れ』にあるということです。

img_20170428-225946.jpg

当院が考える改善のポイントは

①ゆがみのストレスの緩和

②自律神経の安定

③内臓機能の回復

この3つを整えていくことで

改善へつながっていく事が出来ると考えております。

img_20170428-233456.jpg

体のゆがみがあるということは

体の中にある内臓なども
ゆがんでしまっているため

本来の働きができていないということです。

また
ゆがみがあると自律神経にも影響が出ます。

自律神経を整える意味でも重要になります。

img_20170428-233513.jpg

感情の起伏が大きかったり
人間関係や環境によりかかる
ストレスが多い場合は
自律神経の乱れにつながってきます。

自律神経の乱れが大きいと
精神的な症状である

不安・抑うつ・焦燥感なども

現れてきますので注意が必要です。

img_20170428-233534.jpg

内臓も自律神経によって働いているため
自律神経が整ってくれば緩和はされてきます。

東洋医学では内臓を中心に診ていきます。

内臓の全体のバランスが整っている事が
大切だという考えから

胃腸だけではなく
他の臓器との関係性を診て

より回復しやすい状態を作っていく事が
早期改善につながってきます。

img_20170428-225748.jpg

当院でおこなっていく施術は

ゆがみや自律神経を整えていくために
整体による施術をおこなっていきます。

そして

内臓の調和をはかっていくために
鍼灸治療を同時におこなっていきます。

セルフケアとして
自宅でもお灸をしていただく場合もございます。

鍼やお灸が苦手な方は
事前にお申し付けください。

状態に合わせて施術を組み立てていきます。

img_20170324-165228.jpg

機能性胃腸障害の原因である
自律神経の乱れは

今までの身体と心の習慣によるものです。

何年もかけて作ってきた習慣を
数日で根本的に変えることは難しく
それ相応の期間も必要になります。

例えば、一般的には

・行動習慣は1ヶ月→読書や日記・勉強など
・身体習慣は3ヶ月→筋トレやダイエットなど
・思考習慣は6ヶ月→プラス思考や論理思考など

というように
習慣化していくのにも期間が必要です。

当院の施術も根本的な改善に向けて
お手伝いをさせていただきますので

週に1回ないし2回のペースで
10回~15回を目安に通院してみてください。

上記の通院ペースは目安ですが
症状や体質・薬の服用の有無により変わってきます。

そして大切なことは
今まで頑張ってきた
あなたの身体と心に向き合い
自分自身に感謝の思いで施術を受けていくこと。

頑張りすぎることを手放し
あなたにとってリラックスできる
ペースや空間で進めていきましょう。

きっと心から笑顔になれる時がきます♪