頭痛

img_20170412-145644.jpg

 

当院では
頭痛があるため
痛み止めを服用している方がご来院されています。多くの方は
肩こりや首こり・腰痛などの
症状を同時に感じています。頭痛は
危険な症状の前兆の場合もありますが多くの場合は改善していくものです。このページでは
頭痛の改善について大切なことをお伝えしていきます。

こんなあなたは、読み続けてください

●頻繁に頭痛がある

●痛み止めが手放せない

●頭痛が出るのが嫌だから
前もって痛み止めを飲んでいる

●特に異常はないと医師から言われた

●整形外科、脳神経外科
頭痛外来でも良くならない

頭痛があると何もしたくなりますよね?

実は私も
デスクワークや同じ姿勢が続くと頭痛が起こり
ひどい時には痛み止めを飲んでいました。

私の場合は
偏頭痛で、はじめは重だるくなって
ひどくなるとズキンズキン痛む感じでした。

私の妻も同じような症状が出ていました。

妻・ご利用者様の施術や
私自身が施術を受けていく中で
様々なことを学びました。

そして
頭痛がある方の多くの方に

・歪み

・筋肉の緊張

・ストレス

・冷え

があることに気づきました。

img_20170412-163425.jpg

頭痛は
さまざまな病気の症状として表立って出てきます。

例えば

・脳腫瘍

・クモ膜下出血

・脳出血

・髄膜炎

などがあります。

上記であげた項目は症候性頭痛といい

一刻を争う場合がありますので

まずは、病院にて検査をオススメします。

当院で対応できる頭痛は

病院で検査をしたが

『特に異常はありません』

と言われたりする

機能性頭痛(慢性頭痛)というもので

・緊張型頭痛

・偏頭痛(片頭痛)

・群発頭痛

です。

少し説明すると

○緊張性頭痛

頭全体が締めつけられるような痛みが
頻繁に起こる。

日本人の80%近くは
緊張型頭痛だと言われています。

○偏頭痛(片頭痛)

こめかみから目の辺りにかけて
「ズキンズキン」と痛みが出る。

月に1回~2回程度。
多い場合は、週に1~2回程度。

○群発性頭痛

片方だけの目の奥から上あごや側頭部に
広がってくるような痛みがある。

1~2ヶ月間に集中してほぼ毎日起こる。

緊張型頭痛や片頭痛は

女性の方に多く発生します。

群発頭痛は

男性の方が多い傾向です。

img_20170412-162401.jpg

あなたは頭痛に対して

いつまで痛み止めを

飲み続けるつもりでしょうか?

もちろん
飲みたくて飲んでいるわけではないと思います。

ただ
闇雲に飲み続けるのはお勧めしません。

痛み止めは正式には

『消炎鎮痛剤』

と言います。

炎症の感覚を抑えるために

血管を閉じて血流を少なくして

一時的に痛みを抑え込みます。

すると
全身の血流も悪くなり

血流が悪くなるため

体が冷えて、体温が下がります。

そして、他の症状も起こってきます。

・肩や首がしんどくなってくる

→頭が重くなり、頭痛が出てくる

→痛み止めを服用する

→痛みが緩和する

→動けるようになるので動く

→数日後に、また頭痛が出る

→また痛み止めを飲む

→長引くと低体温になる

→他の症状が出る

→また痛み止めを飲む

こんな負のサイクルに陥っていきます。

当院では
この状態から
早く抜け出していただくために
施術をおこなっていきます。

img_20170412-162102.jpg

頭痛を改善していくためのポイントは

①歪みの改善

②全身の筋肉の緩和

③ストレスの解放

④冷えの改善

をおこなっていくことです。

img_20170412-160617.jpg

頭痛がある方の多くは
首や肩の緊張が強いため
ゆるめていくために

気持ちいい動きをしてもらいながら
全身の歪みと緊張を整えていきます。

そして

自律神経の乱れがあるため
感情(ストレス)が溜まりやすくなっているので

エネルギー療法などで
感情の解放をおこなっていきます。

さらに体温が低くなっている方には
冷えを改善していくために

鍼灸治療を加えていき
直接的に体を温めていくような
施術をおこなっていきます。