施術の内容と流れ

img_20160114-152152.jpg

KDセラピーとは?

『KDセラピー』とは
簡潔にいうと

身体や心だけでなく
潜在意識にアプローチして

『自然治癒力』

引出すことに着眼した
ソフトで心地よい整体施術になります。

最終的には
『自分で自分を治せる状態』を目指します。

ようやくたどり着いた一つのカタチ

平成17年より
のべ5万人以上の施術経験と

治療院を回り
さまざまな施術を受け

現在まで学んできた

東洋医学・中医学・力学療法・整体
カイロプラクティック・操体法
エネルギー療法・鍼灸治療などの

理論を元に
根本改善を目的とする
当院でしか受けれない
独自の整体法です。

この施術に出会うまで
10年以上かかりました。

というより
この施術に出会うために今まで

治療家を続けてきたのではないか?

と思うほど
私にとっては、衝撃的なものです。

あなた全体をとらえていきます

痛みのあるところも、みていきますが

あなたの全体をみて

原因を探っていきます。

現在出ている症状は

さまざまな原因の結果として
出ているものだと捉えるため

悪いところだと
捉えるのは最終的になります。

また

『痛み=悪い』

という捉え方はしておりません。

からだやこころからの

『メッセージ』

だと捉え

さまざまな角度から
原因を追究していきます。

快感覚を味わうとは?

KDセラピーは

『気持ち良さを味わうことで、カラダは調節される』

という操体理論のもと

『からだやこころが求めている動きをおこなう』

(無理な動きや痛みの出る動きは極力おこなわず
動かしやすい動きを取っていただくこと)

そうすることで

『なんとなく気持ち良い』
『なんとなく心地良い』

という

快感覚を味わうことができます。

例えるなら

【朝起きた時に寝たままで伸びをした時のような感覚】

を感じていただきます。

よく赤ちゃんがクネクネ動いたり
伸びをしたりしますよね?

あんな感じで動いてもらいますので

《赤ちゃんや子供の頃に戻った感じ》

と、おっしゃられる方もいます。

また
無理な動作や体勢を取らないため

妊婦(マタニティ)の方にも
安心して受けていただける

施術になります。

(座ったままだけで施術する場合もあります)

鍼灸を加えるとさらに循環がよくなります

KDセラピーに
はり・灸の施術を加えると
更に循環がよくなります。

トータル治療として
【KDセラピー+鍼灸】

KDセラピー+はり
KDセラピー+お灸
の組み合わせが可能です。

はり・お灸の役割はからだ全体の

気(エネルギー)
血(血液)
津液(水分)のバランスを整え

内臓・自律神経に
アプローチをおこないます。

お灸は温熱作用があるため
KDセラピーだけでは
その作用は味わうことができません。

※はり・お灸の効果に関することは
こちらのページをご覧ください。

まとめれば…

操体法・エネルギー療法
イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)
や鍼灸治療を使って

①からだの調整

②こころの調整(ストレス)

③気やエネルギーの調整

をおこなうことにより
本来あなたが持っている
『自然治癒力』を高めあなたがあなたらしい状態になる
お手伝いをさせていただきます。

特 徴

①ボキボキ・バキバキとした施術をおこないません。

リラクゼーションマッサージなどに
行かれたことがある方は
お解りになるかもしれませんが
無理に強くグイグイ押すような施術はいたしません。

当院では操体法・エネルギー療法や

一定の圧により押さえ続ける場合や
関節に動きをつける場合に

気持ちいい感覚がありますが

「やられた実感がわいて、スッとしました。」

と言っていただける施術になります。

また
骨格の矯正や調節と聞くと
ボキボキ・バキバキされるのではないかと
思われる方もいらっしゃると思いますが

当院では
足首やからだの動き・エネルギー操作を用いて
矯正をおこないます。

細かい矯正については

筋肉を緩めたのちに
ソフトな手技で骨の動きをとっていきます。
img_20150617-155935.jpg

②妊婦(マタニティ)さんにも、安心して受けられる施術です。

妊婦さんには、横向きを中心に施術をおこない
強い刺激を与えないようにおこなっていきます。

img_20150620-105339.jpg

③痛いはり・熱いお灸はしません。

はり・灸と聞くと

『痛い・熱い・怖い』

というイメージがあると思います。

当院がおこなう はり・お灸の施術は

ほとんど痛みのない
心地よくて寝てしまう方もおられる施術です。

場所によっては
出血や痛みが生じるポイントはありますが
それはその場所に悪い血液や反応があるため
鈍感になっていたり敏感になっていたりします。

からだやこころの状態が出ているので
そこに施術をおこなう必要がある場所でもあります。

仮に痛いと言ってもピンセットで毛を抜くときのような

感覚に近いと言われる方が多いです。

りも使い捨てのものを利用しますので
衛生面も安心してください。

img_20150224-174213.jpg
左から美顔や顔に用いるハリ(0.12㎜)
手足や妊婦さんに用いるハリ(0.16㎜)
体幹に用いるハリ(0.20㎜)
一般のつまようじimg_20150224-174454.jpg
img_20150224-174306.jpg
img_20150224-213824.jpg
左は箱灸です。
手作りで愛情のこもったものを使用しています。
真ん中は台座灸です。シールになっています。
左は陶器灸です。いろんなところに使えます。
どれも、もぐさを炭化させたものですので、煙やにおいはほとんどありません。
img_20150620-105719.jpg

☆施術の流れ☆

①ご来院。

まず、当院のインターホンを鳴らしていただき
中へお入りください。

②問診票記入・問診
img_20150606-162533.jpg
簡単な質問に答えていただき
記入していただきます。

その後
原因やあなたの求めているものを
見つけるために
しっかりとお話を聴かせていただきます。

施術の説明や
当院の方針などもお伝えします。

この際
不明な点などありましたら
お気軽にご質問ください。

問診の段階で
当院での対応が難しと
判断させていただいた場合は

提携の治療院やあなたにあっている治療院を
できる限りご紹介・お探しします。

③検査

動作や身体の状態を把握します。

痛みや違和感の出る動作や
あなたの今の状態の説明もおこないます。
img_20150620-105629.jpg

④施術

整体をベースに、はりや灸を組み合わせた
当院独自の施術で、あなたにあった施術をおこないます。
img_20150606-164156.jpg img_20150606-164536.jpg

⑤施術後の効果の確認

施術後の効果や反応がどれくらい
出ているか確認いたします。

img_20150606-163129.jpg

⑥今後の治療計画・セルフケアのアドバイス

今後の治療方針や回数・料金などをお伝えします。
自宅でできる、セルフケアや
注意していただきたい点などもお伝えします。
img_20150606-163905.jpg
はじめての方は
あなたにとって
大切なことが掲載されている
こちらもご覧ください。