PMS(月経前症候群)

img_20170415-121831.jpg

当院では

月経前症候群(PMS)と言われる

生理前の腹痛や頭痛・イライラなど

生理前に起こる様々な症状の

お悩みを改善するお手伝いをしております。

こんなあなたは、読み続けてください

・生理前にイライラする・生理前にすぐに怒る

・生理前にやる気がなくなる

・生理前に肌荒れがある

・生理前に胸が張って痛くなる

・生理前に頭痛がする

・生理前に下腹部が痛くなる

・生理前に腰痛がひどなる

・生理前に眠気が強くなる

・生理前に食欲が増す

生理前になると
本当はイライラしたいわけではないのに

つい子供にイライラしたり
パートナーにイライラして

当たってしまっては

またやってしまった…と

あとになって反省したり
テンションが下がってしまったり…。

こんなお話を当院ではよく耳にします。

多くの方が
少なからずあることなので
そこまで落ち込んだりしないでくださいね。

ただ
イライラがあまりにも強かったり

腹痛や頭痛・腰痛など
身体的に症状がともっているようでしたら

さらにイライラもましてしまったり
落ち込んでしまったりと

悪循環に陥ってしまうので
改善に向けた取り組みをお勧めします。

img_20170415-121913.jpg

月経前症候群(PMS)は
西洋医学において
原因がはっきりとしていません。

月経に関するものは

『ホルモンの影響』

ということが多いようです。

治療も対症療法になるため

症状に対するお薬か
低用量ピルなどです。

低用量ピルの場合
ごく稀に強い副作用などが起きますが

基本的には安全性の高いものなので
服用を勧める医師も多いようです。

症状が強い方は
上手く利用してもらうことは
大切だと感じます。

ただここで
知っておいていただきたいことがあります。

そもそもとして
月経前症候群などの症状が出ている

『本質的な意味とはなんなのか?』

ということです。

あくまでも
低用量ピルなどのお薬も

脳を騙して
ホルモンをコントロールしているため

症状が緩和しているだけです。

本来
体は無意味に痛みや症状を出すことはありません。

そのことからも

『あなたの体や心に不調がありますよ』

というメッセージなのです。

それをくみ取らずに
薬によって抑え込んでしまうことは

本当にいいことなんでしょうか?

私は、あまり良いようには思いません。

では、どうしていけばいいのでしょうか?

img_20170415-122003.jpg

月経前症候群(PMS)で
お悩みの多くの方は

・体の緊張が強い

・頭で物事を考えるクセがある

というような場合が多くあります。

そのような方に
当院で考える改善のポイントは

①姿勢の改善

②内臓の調和

③自律神経の改善

を調和させていくことで
心身のバランスが整い

あなたらしい生活が送れるように
なるのではないかと考えております。

img_20170415-122026.jpg

姿勢がアンバランスになっていると
その中にある子宮や内臓が

傾いた状態になってしまいます。

img_20170415-122506.jpg

その状態では
本来の力が発揮できません。

それにより
自律神経やホルモン・
内臓の影響が出るのも仕方ありません。

まずは器である
体のバランスを整えていきます。

img_20170415-122053.jpg

東洋医学では
内臓を重視して治療をおこないます。

感情も各臓器がコントロールしています。

例えば

イライラしやすいや怒りやすい人は
東洋医学では『肝』の病証を疑います。

そして
体を調べた後に

『肝』だと判断した場合は
その調和をはかるための施術をおこないます。

その方によって、原因や方法は変わってきます。

img_20170415-122338.jpg

ホルモンの乱れがあるということは
自律神経の乱れも起こっています。

月経周期は
ホルモンの作用によるもの。

自律神経が乱れていれば
月経に関連するホルモンを
安定させることは難しくなります。

自律神経が乱れることにより

交感神経(頑張る神経)が優位になり

体が緊張してしまい、血流が悪くなります。

そこから

頭痛や肩こり・めまいなどの
症状が出てくるのです。

ですので

自律神経のバランスを整えて

心身ともに
リラックスさせることが大切です。

img_20170415-122150.jpg

当院でおこなっていく施術は

整体やエネルギー療法により

・からだのバランス

・自律神経のバランス

を整えていきます。

そして

鍼灸治療により

・内臓の調和

をはかっていきます。

心身をリラックスさせ
本来の自然体へと導いていきましょう。

img_20170412-234827.jpg

月経前症候群(PMS)は
今までの習慣の通知簿です。

月経前に痛みが出てしまうのは
今までの体と心のクセによるものなんです。

何年もかけて作ってきたクセを
数日で根本的に変えることは難しく
それ相応の期間も必要になります。

例えば、一般的には

・行動習慣は1ヶ月→読書や日記・勉強など
・身体習慣は3ヶ月→筋トレやダイエットなど
・思考習慣は6ヶ月→プラス思考や論理思考など

というように
習慣化していくのにも期間が必要です。

また
血液中にあり、酸素や栄養を運んでいる
『赤血球』の入れ替えには
3~4ヶ月かかると言われています。

体質改善に重要な血液です。

ここから見ても
少し期間がかかることを
知っておいてください。

当院の施術も根本的な体質改善に向けて
お手伝いをさせていただきますので

個人差はありますが
週1回を10回~12回を目安に
通院をしてみてください。

上記の通院ペースは目安ですが
症状や体質・薬の服用の有無により変わってきます。

相談の上、納得して進めていきましょう。