【なぜ鍼灸はメンタルにも効果があるんですか?】

こんにちは。

れんげ鍼灸整体院の山城です。

質問にお答えしていきます。

 

A.それは内臓が感情を司っているからです。

 

内臓が?????

そうなんです。

 

東洋医学の考え方で

『陰陽五行論』

というものがあります。

 

それは

すべてのものは

「陰と陽に分けられる」という考え方と

「5つの要素で出来ている」という考え方になります。

 

その5つの要素に分けるとき

臓器をそれぞれ5つに分けます。

それが五臓といい

『①肝・②心・③脾・④肺・⑤腎』です。

 

そして、感情も5つに分けることができます。

それが五志といい

『①怒・②喜・③思・④悲・⑤恐』です。

 

前にある数字が、関係するものです。

 

「肝と怒」

「心と喜」

「脾と思」

「肺と悲」

「腎と恐」

 

という感じになります。

 

例えば、臨床で多いのは

イライラしやすくて、怒りっぽい場合は
肝の気が強くなっていて頭に血が上りやすくなります。

 

結果、肩こりや頭痛・ひどくなればめまいなども出ます。

 

この場合は全体のバランスを考慮しながら
肝の気を落ち着かせていくような鍼灸治療を行います。

肝の気が落ち着くとイライラが少なくなります。

 

このようにして、関連してくる原因を見つけ
整えていくことが、鍼灸の役割の一つです。

 

少しはお分かりになったでしょうか?

何かご質問があれば、お気軽にお尋ねくださいね。

では、また。

 

れんげ鍼灸整体院 山城俊介

コメントを残す