【イギリス王族のヘンリー王子が心の病を告白】

(写真はSPLASH/アフロよりお借りしております)

イギリス王族では

異例ともいれる弱みを

打ち明ける告白だそうです。

 

ヘンリー王子は

母のダイアナ妃が亡くなってから

自分の感情を20年抑制してしまいました。

 

 

これは自分の感情を

否定してしまうことになります。

 

 

そのことが原因で

アルコール依存症など

様々な問題が起こり

錯乱状態が続いたようです。

 

 

心の病を乗り越えるきっかけになったのは

兄のウィリアム王子の助けによるもの。

 

 

ウィリアム王子の勧めで

カウセリングをおこなったようですね。

 

 

内容は明確になっていませんが

感情を吐き出すような取り組みをしたようです。

 

 

その一環に、ボクシングもあったようです。

 

 

人を殴りたいという衝動にかられるからです。

 

 

そして

自分の感情を吐き出すことにより

ヘンリー王子は心の病を乗り越えることができました。

 

 

 

ヘンリー王子は、BBCに次のように語っている。

 

「苦しんだっていいんです。そのことを周りに話せる限り。それは弱さではありません」

 

「弱さとは、問題を抱えながらそれに目を向けず、解決しようとしないことです」

「多くの人たちが、『仕事についていれば、経済的に安定する』
『家族がいれば、家がある』と考えています。それさえあれば、問題なく生きていけると考えています」

「リオ・ファーディナンドのような人は『莫大な額のお金を稼ぎ
サッカー選手として大成功していて、高価な車に乗っている人』
と見られるでしょう。だけど彼は、若くして妻を失ったことに苦しんでいる人なのです」

 

「苦しむことは、全くおかしいことではありません。どんな仕事をしているかどうかは関係ないのです」

 

そして

「私が伝えたいのは、どんな人でもメンタルヘルスの問題を抱える可能性があるということです。
ロイヤルファミリー、兵士、スポーツ選手、運転手、母親、父親、子供。誰にだって起きることです」

 

と述べています。

 

 

現在は話すことの重要性を伝えるべく

慈善活動にも取り組まれています。

 

 

どんな立場にあろうがどんな状況にあろうが
人として自分の感情に蓋をしてしまうことは
とても苦しいことだと思います。

その蓋をしてしまったものを
一緒に開けることをしてくれるのが
カウンセラーや心理セラピスト。

当院でもお話を聞いたり
ヒプノセラピーにより
トラウマや感情の解放をおこなったりと

体の問題だけでなく
心の問題を取り扱うことをしております。

1人で悩まずに
勇気を出して話に来てほしいと思います。

=========================

【西宮市・阪急西宮北口駅の鍼灸・整体マッサージ】

産婦人科医も推薦『れんげ鍼灸整体院』

◎住所◎

兵庫県西宮市深津町3-28

ロイヤルメゾン西宮北口Ⅴ102

◎受付時間◎

9:00~19:00(時間外は応相談)

◎定休日◎

日曜・祝日

完全予約制で1日7名様まで

(新規は1日2名様まで)

ご予約・お問い合わせは

TEL: 0798-27-7337

『ホームページをみて…。』と

お気軽にお電話ください。

(電話の受付は、21時までおこなっております。)

メールのご予約・お問い合わせは

お問い合わせページにて

お気軽にご予約・お問い合わせください。

(メールの受付は、24時間年中無休でやっております。)

コメントを残す